新年度スタート

いよいよ新学期がスタートしました。

 

私は、昨年と同様に3年生の担任です。

 

3年生の大きなイベントとしては、9月中旬に行われる「評価実習」があります。

 

4週間という期間、学外の施設にお世話になります。その評価実習のためにも学習を継続していってもらいたいと思っています。

 

その先に、4年次の臨床実習、就職活動、国家試験対策、国家試験受験などなど、ノンストップです。

 

1・2年次の復習が落ち着いてできるのは、3年前期までかもしれません。

 

できる限りの協力はしたいと思いますが、あくまでも協力まで。

 

自立自律の育んでいってもらえたらと思います。

 

新年度の楽しみは、沢山あります。

 

目をキラキラ輝かせた新入生を迎え入れることの他に、、、

 

 

もあります。

 

大学にある桜も満開となりました。

 

大学と桜

桜道

 

研究室からもよく見ることができ、新年度の楽しみとなっています。

 

研究室と桜

研究室と桜1

 

私の受け持ち科目は、昨年度と同様ですが、新カリキュラムの導入に伴い、科目名が変更されています。授業内容はほとんど同じです。

 

専門科目は、

 

2年前期「理学療法評価学実習Ⅰ」(ROM-T、MMT)

 

2年前期「骨関節系理学療法学」

 

3年前期「骨関節系理学療法学」、「スポーツ障害治療学」

 

です。

 

その他に、実習に関わる科目を受け持っています。

 

とくに整形外科領域、運動器領域に興味を持った学生さんが多いので、その学生さんたちの「やる気スイッチ」オン!!できるように授業準備を進めたいと思います。

 

また、今年度は、「教育」だけではなく、「研究」と「臨床」にも力を入れたいと考えています。

 

「研究」は、大学院博士課程でお世話になった獨協医科大学医学部生理学(生体制御)教室で協力研究員として行います。

 

「臨床」については、また別の機会にご報告できたらと思います。

 

とにかく「教育」「研究」「臨床」をバランス良く、進めていけたらと思います。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

<Facebook>

 

facebook

 

Facebookをやっています。お気軽に申請していただけると嬉しいです。

 

ブログに関する質問などは、Facebookのメッセージなどでも構いません。

 

よろしくお願いいたします。