原著

■吉田 一也, 藤縄 理, 原 和彦: テープメジャーを用いた肩甲骨位置測定法の検者内・検者間信頼性. 理学療法科学, 2011, 26(5): 563-566.

■Yoshida K, Isoya R, Ejiri H, Hara K, Fujinawa O: Measurement errors of a test to determine the scapular position using a tape measure. J Phys Ther Sci, 2011, 23(6): 851-854.

■吉田一也, 藤縄 理, 原 和彦: テープメジャーを用いた肩甲骨位置測定法による肩関節外転時の肩甲骨運動動態. 理学療法科学, 2012, 27(2): 217-221.

■吉田一也, 江尻廣樹, 須藤慶士, 磯谷隆介, 諸澄孝宜: 両肩甲骨間に貼付したキネシオテープが肩甲骨位置に及ぼす影響. 理学療法科学, 2013, 28(1): 89-93.

■吉田一也, 江尻廣樹, 磯谷隆介, 原和彦, 藤縄理: 自然立位の脊柱アライメントと肩甲骨位置および肩甲上腕関節外転可動域の関係. 理学療法科学, 2014, 29(2): 277-282.

■磯谷隆介, 吉田一也, 諸澄孝宜, 須藤慶士, 工藤賢治, 風間貴文: キネシオテープの貼付有無と方向の違いが大腿直筋の筋機能に及ぼす影響. 理学療法科学, 2014, 29(4): 589-593.

■Yoshida K, Akiyama S, Takamori M, Otsuka H, Seo Y: Changes in T2-weighted MRI of supinator muscle, pronator teres muscle and extensor indicis muscle with manual muscle testing. J Pays Ther Sci, 2017, 29(3): 409-412.

■吉田一也, 高森正祥, 秋山純和, 瀬尾芳輝: T2緩和時間を指標とした15%最大筋力時の手関節伸展運動筋の解析. 獨協医科大学雑誌, 2017, 44(1): 73-79.

 

総説

■吉田一也: キネシオテーピング®の理論と基本貼付法. 理学療法科学, 2012, 27(2): 239-245.

■秋山純和, 富田浩,吉田一也: 運動時の筋活動分析ー表面筋電図法とMRI法による分析ー. 人間総合科学大学紀要, 2014, 26: 83-88.

 

講座

■藤本鎮也, 吉田一也, 佐藤慎一郎, 秋山純和: 体幹と理学療法. 理学療法―臨床・研究・教育, 2013, 20: 7-14.

 

特集

■吉田一也, 工藤賢治, 河合献一: 【シリーズ:義肢装具士に役立つ介助動作】第一回 介助の予備知識と寝返り介助. POアカデミージャーナル, 2014, 21(4): 301-303.

■吉田一也, 工藤賢治, 河合献一: 【シリーズ:義肢装具士に役立つ介助動作】第二回 起き上がり介助と立ち上がり介助. POアカデミージャーナル, 2014, 22(1): 53-55.

■吉田一也, 工藤賢治, 河合献一: 【シリーズ:義肢装具士に役立つ介助動作】第三回 車椅子への移乗介助. POアカデミージャーナル, 2014, 22(2): 159-161.

■吉田一也, 工藤賢治, 河合献一: 【シリーズ:義肢装具士に役立つ介助動作】第四回 歩行介助. POアカデミージャーナル, 2014, 22(3): 227-229.

■吉田一也, 武田純一, 樋口翔太: 【シリーズ:義肢装具士に役立つ介助動作②】第1回 介助動作と腰痛. POアカデミージャーナル, 2016, 24(1): 38-40.

■吉田一也, 武田純一, 樋口翔太: 【シリーズ:義肢装具士に役立つ介助動作②】第1回 介助動作と腰痛. POアカデミージャーナル, 2016, 24(1): 38-40.

■吉田一也, 武田純一, 樋口翔太: 【シリーズ:義肢装具士に役立つ介助動作②】第2回 介助のコツ1. POアカデミージャーナル, 2016, 24(2): 120-121.

■吉田一也, 武田純一, 樋口翔太: 【シリーズ:義肢装具士に役立つ介助動作②】第3回 介助のコツ2. POアカデミージャーナル, 2016, 24(3): 202-203.

■吉田一也, 武田純一, 樋口翔太: 【シリーズ:義肢装具士に役立つ介助動作②】第4回 疾患別の介助動作. POアカデミージャーナル, 2017, 24(4): 276-277.

 

技術ノート

■Takamori M, Akiyama S, Yoshida K, Ohashi Y, Hayakawa M, Yamasaki F, Ootsuka H, Haishi T, Seo Y: Changes to muscle T2 after single-finger exercise measured with 0.2T MR Imaging. Magn Reson Med Sci, 2015: 359-366.

 

手技特集

■吉田一也: 手からのアプローチによる肩関節外旋可動域改善テクニック. ASRIN SRS, 2013.

 

雑誌取材

■吉田一也: 理学療法評価としてのスクワット動作の見方とキネシオテーピング. 月刊スポーツメディスン, 2013, 155; 20-24.

 

書籍

■吉田一也: 肩関節障害にみられる頭頸部の代償パターンを微調整する. 福井勉(編): ブラッシュアップ理学療法. 三輪書店, 東京, 2012; pp48-52.

■松下祐也, 輪違弘樹(監修), 吉田一也(編): 若手セラピストのための整形外科アプローチ2, エターナル出版(電子書籍), 神奈川, 2014.

■吉田一也: 皮膚から考える身体の“歪み”の評価と治療戦略. 松下祐也, 輪違弘樹(監修), 吉田一也(編): 若手セラピストのための整形外科アプローチ3, エターナル出版(電子書籍), 神奈川, 2015, pp31-46.

■吉田一也: 第5章ー3 骨関節障害. 重森健太(編): PT・OTビジュアルテキスト 地域理学療法学 第1版. 羊土社, 東京, 2015, pp156-177.



1446624595

研究発表

■吉田一也, 丸山公: 肩外転装具使用による足圧分布変化について. 第3回肩の運動機能研究会抄録集, 2006: 42.

■吉田一也, 藤縄理, 原和彦: テープメジャーを用いた肩甲骨位置測定法の有用性. 理学療法学, 2010, 37(Suppl. No. 1) : 530.

■吉田一也, 磯谷隆介, 江尻廣樹, 原和彦, 藤縄理: テープメジャーを用いた肩甲骨位置測定法の信頼性. 第7回肩の運動機能研究会抄録集, 2010: 85.

■吉田一也, 江尻廣樹, 磯谷隆介, 原和彦, 藤縄理: 肩甲骨位置および肩甲上腕関節外転可動域と脊柱アライメントとの関連性. 理学療法学, 2011, 38(Suppl. No. 1): OF2-076.

■吉田一也: 臨床現場でのキネシオテーピングの活用法. フラットぷらっと2013, 2013, ポスター発表.

■吉田一也: キネシオテーピングの理解と臨床応用方法【入門編】. リアル臨床2013, 2013, 口述発表.

■吉田一也, 秋山純和, 高森正祥, 瀬尾芳輝: 0.2 T コンパクトMRI装置を用いたテニススイングの筋活動分析. 日本スポーツリハビリテーション学会第三回学術大会, 2014, 口述発表.

■吉田一也: 皮膚への視点〜“歪み”を見つけて“たわみ”をつくる〜. リアル臨床2014, 2014, 口述発表.

■秋山純和, 高森正祥, 吉田一也, 石坂勇人, 早川実佳, 拝師智之, 大塚博, 瀬尾芳輝: T2緩和時間を指標とした5%最大筋力時の前腕回外運動の解析. 第19回NMRマイクロイメージング研究会, ポスター発表, 2015: 57-58.

■吉田一也, 秋山純和, 高森正祥, 大塚博, 早川実佳, 瀬尾芳輝: T2強調画像信号強度を指標とした徒手筋抵抗運動時の前腕筋活動分析の試み. 第43回日本磁気共鳴医学会大会, 2015, PDF-026.

■高森正祥, 秋山純和, 吉田一也, 早川実佳, 瀬尾芳輝: T2強調MRI法による低周波電気刺激による筋収縮の解析. 第43回日本磁気共鳴医学会大会, 2015, PDF-033.

■秋山純和, 高森正祥, 吉田一也, 石坂勇人, 早川実佳, 拝師智之, 大塚博, 瀬尾芳輝: T2緩和時間を指標とした5%最大筋力時の前腕回内運動の解析. 第43回日本磁気共鳴医学会大会, 2015, PDF-078.

■秋山純和, 高森正祥, 吉田一也, 石坂勇人, 瀬尾芳輝: MRIを用いた電気刺激による筋収縮の状態観察. 理学療法科学学会学術大会, 2016.

■吉田一也: 原点回帰からの挑戦〜肩関節アライメントから予測する補償と機能〜. リアル臨床2015, 2015, 口述発表.

■樋口翔太, 武田純一, 江尻廣樹, 若林彩香, 吉田一也: テープの種類と幅による伸長性の違い. 第8回キネシオテーピング療法学会大会, 2016, 抄録集 p20(口述発表).

■吉田一也, 樋口翔太, 武田純一, 若林彩香, 江尻廣樹: カット方法によるテープ伸長性の違いについての検証. 第8回キネシオテーピング療法学会大会, 2016, 抄録集 p21(口述発表).

■吉田一也, 秋山純和, 高森正祥, 大塚博, 瀬尾芳輝: Muscle activity analysis of the Extensor digiti minimi muscle and Extensor indicis muscle by MRI method. 第44回日本磁気共鳴医学会大会, 2016(ポスター発表).