【吉田一也の鎖骨ほぐし™️】細かい作業で起こる肩こり解消テクニック | 吉田一也<公式ホームページ>理学療法士<肩こりと鎖骨の専門家>

【吉田一也の鎖骨ほぐし™️】細かい作業で起こる肩こり解消テクニック

未分類

理学療法士で医学博士の吉田一也です。

今回の記事では「鎖骨ほぐし™️実践教室」の第三弾として、手を使った細かい作業から起こる肩こり解消方法としての鎖骨ほぐしをご紹介します。

細かい作業してますか?!

腱鞘炎や肩こりでお悩みの人の中で多いのが、手を使った細かい作業たくさんしてます!!という人です。

洋裁が大好き!!

絵を描くのが好き!!

という人は、肩まわりの筋肉が固くなりやすいです。
職業としては、漫画家さんや作家さんは、腱鞘炎や肩こりになりやすいですね。

このように細かい作業をよく行う人は、三角筋(さんかくきん)や大胸筋(だいきょうきん)という筋肉が緊張しやすいです。
とくに、腕の筋肉でもある「三角筋」のほぐし方についてこの記事でご紹介します。

三角筋前部線維

三角筋の中でも胸と肩の前側にあるのが、三角筋前部線維(さんかくきんぜんぶせんい)です。

鎖骨の下面(外側)にある筋肉です。
この筋肉をストレッチするには、① 胸を張る② 腕を後ろに持ってくることがオススメです。

鎖骨と肩甲骨を背骨の方に寄せるイメージで、腕を後ろに持って行きながら、胸を張りましょう!

鎖骨下外側ほぐし

手の使いすぎで起こる肩こりには、鎖骨ほぐしも有効です。鎖骨の下面で、外側の部分の皮膚をつまんでほぐしましょう。

肩の前側から胸のあたりにかけて摘んでいきます。
こっているところ、痛気持ちいいところを見つけてつまんでほぐしましょう。1箇所は、だいたい5秒程度で構いませんので行ってみてください。

胸鎖乳突筋ストレッチもオススメ

つらい肩こりで、なかなか鎖骨ほぐしでは、コリが取りきれない人には、胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)のストレッチもオススメです。
洋裁や絵画で、こんな頭の位置になっていませんか?

頭が前に出ていると、胸鎖乳突筋が固くなってしまいます。
胸を押さえながらアゴを天井に突き出すようにしてストレッチしてみましょう!

継続は力なり!ぜひ、続けてみてください。
最後までお読みいただきましてありがとうございます。詳しい「鎖骨ほぐし™️」のやり方は、書籍で紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。

肩こりと鎖骨の深い関係とは!?

著書「肩こり、首痛、頭痛は鎖骨を5秒ほぐすだけでなくなる!(主婦の友社)」が全国の書店で大好評発売中です!専門家ですら知らないことの多い「鎖骨」に着目した最新の肩こり解消法をお届けします!

関連記事一覧

関連記事はありません。