驚くほど効果が出る手のひらスイッチとは? | 吉田一也<公式ホームページ>理学療法士<肩こりと鎖骨の専門家>

貼ると驚くほど効果が出る手のひらスイッチとは?

デルマテープ

購入者限定のFacebookグループデルマテーププロジェクトでの投稿を紹介いたします!デルマテープの理論や使い方、効果検証動画は、グループ内でより詳しく公開しています。現在300名以上のグループになっており、意見交換や、知識の共有を盛んに行っています!興味のある方は、デルマテープをご購入いただきグループにご参加ください!

手の平スイッチ×デルマテープ™️の破壊力

あるセミナーにて、結帯動作や肩甲骨の運動異常について実技などしてきたのですが、 被験者に名乗り出てくださったのは、肩のつまり感で、肩関節外転100°までしかいかない方でしたw
結果ですが、、、
手の平スイッチへのデルマテープ™️でフルレンジ。つまり感、違和感なし。。。 なんなんだろう。。。破壊力がありすぎて、貼った私が一番驚いてしまいました(´・ω・`)
※ 手の平スイッチ:中指の下の盛り上がっている部分

もちろん、僧帽筋下部線維、三角筋、小円筋、小胸筋、手関節伸筋群などへのデルマテープ™️も結果でました。 手関節伸筋群へのテーピングも反応が良かったです。

貼った場所は、上腕骨外側上顆と橈骨・尺骨茎状突起の中点背側面です。 前腕より遠位へのテーピングが有用なのか?! もしかして手部へのテーピングがもっとも有効なのか?! 今後も検証していきます。

手の平スイッチのひとつの可能性

今まで手のひらスイッチを 肩の反射区と認識していましたが、 もう少し専門的な反射区では、「僧帽筋」に当たるようです( ^ω^ )
手の平スイッチがなぜ肩の可動域と関連するのか?! そのひとつの可能性が「僧帽筋」なのかもしれません。

関連記事一覧